工房によってボウルの音が違うんですよね。

楽しみにしていたシンギングボウルの体験会。何度か参加していてボウルも持っているのですが、音を手放しで聞ける機会はあまりないので参加してしまいました。自分の周りに並べて鳴らす音遊びは大好きですが、手が忙しいんですよね。どれ鳴らそうかなと考えずにただ聞いているなんて贅沢です。しかも開催されるサロンは広いので寝ながらの体験が出来てほんとリラックス出来ました。シンギングボウルのナビをしてくれた方が主催なので、サロンにはたくさんのボウルがあって、どんな音がするんだろうといちいち興味を持ってしまいます。

一式持っているので、もうさすがに新しいのを買おうと思いませんが、新しい工房のボウルも最近入っているようで気になっています。ただ工房のシンボルマークみたいなのが印刻されているのはどうかなと思います。音のいいものをひたすら作ってもらいたいのに、自信があるからといってシンボルマーク入れる意識がなんか嫌なんですよね。ブランド化も大事でしょうけれど、「ドヤ感」を感じます。音は次元の違う音がして不思議な音でしたが、なんか飽きるんです。その点持っているボウルは違う工房のもので懐かしい甘い音です。やっぱりこっちがいいなぁと愛着がわきました。

誕生日プレゼントのお礼におもてなし?、姪の食べっぷりも楽しみです。

今日はお昼前に弟夫婦が家に来ることになりました。父の誕生日にプレゼントを用意してくれたみたいで持って来るとのこと。でも、お昼前に来るので、食事はどうする?ということになり、結局こっちかがおもてなしすることになってしまいました。

まぁ、我が家のいつものパターンではありますが、お嫁さんも毎日、自分の子供とはいえ家事と育児をしているのでたまには楽してもらわないと。お正月のときもそうでしたが、外食のときはいつも姪の食事をお弁当に入れて、お茶も持って来てくれます。

姪も1歳ながら、自分のいつも使っているお茶入れをストローを使って機嫌よく飲んでいます。最近、フォークとナイフを自分で持つことを覚えて頼もしい限りです。食べるのが大好きな子になって良かったなぁ。トマトはすっぱいので苦手のようですが、他のものは平気のようです。

小さい子がつまずく人参、ブロッコリーもどんどん食べていたし、野菜嫌いでなくて良かったです。アレルギーもないようなのでそれも安心しました。卵や小麦粉などがダメだと食べられるものが極端に減るし、作る側も大変だから気になっていましたが大丈夫のようです。

けっこうがっつり食べる子なので、食べた後はお腹がぽっこりしていますが、それもまた可愛いです。今日も会えるのでそれだけでも嬉しいなぁ。

猫との生活

我が家では2匹の猫を飼っています。この二匹は捨てられていたのを私が拾ってきて飼い始めた猫です。

この二匹はオスとメスで、私が拾った時点で生後6か月のようでした(獣医師の見解)。

捨て猫というと、人間に近づいてこない印象を持っていたのですが、二匹は私にすり寄ってきました。

メスの猫ちゃんは普通の猫という感じです。しかし、オスの猫ちゃんには困ることもあります。

この猫ちゃんは毎晩夜中になる私を起こしてエサを欲しがります。一晩で多いときは3回は起こされます。最初は眠たいので無視していました。

しかし、毎日起こしてくるので私も起きてエサを与えるようになりました。それが毎日のことになり不思議なもので慣れてしまい起きることが辛くなくなりました。

まだ、この猫ちゃんについて話があります。

猫は好き嫌いなくキャットフードだったら何でも食べると思っていました。しかしオスの猫ちゃんは違います。

ドライフードは食べません。パウチのキャットフードは食べます。しかし、肉系を好んで食べます。あるときには煮干しでないと食べないときもあります。

どうも本人が、そのとき一番欲しい食べ物でないと食べないようです。こだわりなんでしょうか。

どう見てもワガママな猫です。しかし可愛らしい面が100倍あり、この猫ちゃんの言うことを聞いてしまいます。

猫を飼われている方、こんな猫ちゃんていますか。でも私は以前よりも毎日が楽しくなりました。

映画「メン・イン・キャット」のストーリーや感想など

今日、「メン・イン・キャット」という映画を見ました。

この映画では、ケヴィン・スペイシー演じる大企業の社長であるトムが、娘の誕生日プレゼントとして買った猫ちゃんに変身してしまう所からメインのストーリーが始まります。

猫ちゃんの中身が人間ということで、キャットフードを見て、「猫が1度食べたみたいだ。」と食べるのを嫌がってシリアルを食べたり、年代物のスコッチを飲んだりと、人間らしさが全面に出ている所が面白かったです。

自分が猫になってしまったことを家族に知らせようとして、毛糸などを使って自分の名前を作ったりするのですが、その中でも、ペンで名前を書こうと奮闘する姿が、とても面白かったです。

とにかく、猫らしくない動きや仕草が、色々な場面で見られるのですが、どの場面もコミカルで面白くて、印象に残りました。

そういった猫ちゃんの面白い姿や可愛い姿が、この映画の1番の見どころだと思います。

この映画では、猫ちゃんの面白い姿だけでなく、家族愛も描かれています。

猫ちゃんに変身してしまう以前、大企業の社長であるということもあり、とても忙しい毎日を過ごしていて、トムは、家族との時間が持てずにいました。

それを物語るように、娘さんは、トムが出ていたテレビの場面を録画して、80回以上も繰り返して見るほどでした。

その理由が、パパと会えるからだと聞いて、パパが大好きなのだなぁと感じるとともに、娘さんは、とっても良い子だなぁと思いました。

トムとの時間が持てないのは奥さんも同じで、トムと別れることを考えていたのですが、トムが意識不明になったことで、トムへの愛を再認識してくれたので、離婚にならなくて良かったと思いました。

また、トムの方も、忙しさの中で忘れかけていた2人への愛を思い出し、最高の夫や父親になれないのであれば、最高の猫になろうと一生懸命に頑張り始めました。

そういった場面で、家族愛が描かれていると感じました。

さらに、トムは、前妻との間に生まれた息子さんにも愛されています。

息子さんは、トムの会社が売られてしまうのを阻止しようと、頑張っていました。

そういった会社の問題だけでなく、トムが、昏睡状態のまま死んでしまうかもしれないという場面があって、少し心配になりましたが、最後は全部ハッピーエンドになってよかったです。

そして何といっても、猫ちゃんが可愛かったです。

羽生選手が使っていた高級マスクの事

先日、朝の情報番組「ZIP!」を見ているとた時に普段は使わないようなさまざまな高級品を紹介するコーナーがありました。1足1万円以上する5本指ソックスやトイレットペーパーなど世の中にこんな商品があるんだと思いながら見ていました。いったいどんな人が購入するのだろうとも。

その中に、フィギュアスケートの羽生結弦選手が使用しているという高級マスクが紹介されていたのですが、1枚1万2千円ほどするということ。でも、洗って100回ほど繰り返し使えるもので9層ものフィルターで出来ており、すき間なくぴったりフィットする優れもののようです。マスクはすき間があるとほとんど効果がないと言われているためこの値段には理由があるようです。

このマスクは愛知県で作られている日本製のもので花粉で悩むアスリートたち向けに作られたものなんだそうです。もちろん、インフルエンザや他の感染症から身を守るためにも最適。アスリートにとって体調管理を維持するためにはマスクは必需品でしょう。普段はだいたい50枚ぐらい入って500円というようなマスクを使っている私のような一般庶民には手が届かないものですが、世界で闘うトップアスリートにとっては強い味方となりそうです。

初めて大きな神社に初詣に行きました

大晦日に初詣に行ってきましたが、子供が小さいということもあり、近所の神社へ深夜に一人で行ってきました。

お神酒をもらい、甘酒にみかん、そしておしるこをもらうという定番中の定番で、初詣を終えました。

これでいいかなと思ったのですが、今度は妻が家族三人で行くと言い出しました。

しかも三ヶ日のピークを避けて行くと言い張るのです。まだやっているのか妻に確認したら、大きな神社では3ヶ日を過ぎても店を出して参拝客を受け入れているところもあるというのです。

私は近くの神社しか今まで参拝したことがなかったので、少しワクワクして賛成しました。

電車か車で行くか迷ったのですが、結局家族で電車を使って行ってきました。

娘は3歳ですので運賃は無料で、実際には妻と私の二人に運賃が発生しました。電車の方が車で行くよりも割高なのは分かっています。

確かにガソリン代と駐車場代がかかりますがたかが知れてますからね。

ただ、混み具合や疲労度のほうを考えると、少々高くても結果的には電車の方が良かったです。

参拝した神社は三ヶ日を過ぎているのにびっくりするぐらいの人の波でした。

それを見ただけで疲れてしまいました。でも出店がいっぱい立ち並んでいて妻も娘も大喜び。

参拝も大きな目的でしたが、妻のもう一つの重要な目的はこれだったのかとその時感じました。

私もこういうお祭り的な感じは好きですけどね。

公判員公判についておもう事態

裁判員に選ばれましたと、報告が来たのはこういう制度が始まってから3年まぶたの場合。
書留でもなく普通のA4容積の封筒に裁判員裁判の事が細かく、わかりやすく書かれたコミックと
フィルムその他に、各種実録が入っていました。
私自身は、殺人仕事場などを写真も見たら、吐いてしまう。走行認可リフレッシュら見せられた
不幸のスリップを見ただけでも外観が悪くなって、担当のドクターに迷惑をかけてしまった
くらいなので、辞退したい意を、その時の事を細かく書いて返事した。

日本の裁判医制度は、死刑とかそのくらいの大きな案件を向き合う。
そうして量刑なども、裁判員にゆだねられる。外国ではこういう案件の犯人は有罪か、無実かだけ
の決断なのに。日本の悪い意味でのひたむきさが出てしまっていると感じました。

それでもTVのワイドショーなどを見ながら、こういう犯人絶対に死刑としてほしい
そんな風に思ったり、僕が裁判員なら絶対に死刑にするのに。
でも、裁判員になって死刑が決めた直後、刑が執行されたら心に重圧を背負うのだろうなとも
思っていた。

そんな中、僕が住む主題で殺人・放火案件が起こった。まだ前途残る女子大生のわが家に忍び込み
彼女のライフを終わらせ、更に火までつけて逃げた人の裁判員裁判の結果は死刑だった。
それでもその判決は、最高裁で、覆されてしまった。
殺したのがひとりだけだったからという、それまでのマニュアル通りの理由で。
みんなの認識を吸い上げるはずの、裁判員裁判がもっとみんなの納得のいくものに
鳴ったらいいのになって思います。

カップルでお菓子作りの巻(果たして成功するのか!?)

彼氏と中距離恋愛の私たち。

土日は彼との時間を楽しんでいます。

いつもゴロゴロしてしまう休日ですが、せっかくだから何かしようと言う話になりました。

「何がしたい?」という会話はするものの何も思いつかず、

結局はお家の中でできることをしようという結論になりました。

そして私たちがしようと思ったのは手作りお菓子を作ることでした。

彼は製菓がとっても得意なので、そんな彼に美味しいお菓子を作ってもらおう企んだのです。

作るお菓子は家で作るにはとっても難しいと言われているシュークリームです。

私も小さい頃母親と一緒に作ったことがあったのですが、なかなかシュー生地が膨らまずに失敗したのです。

彼曰く、得意だというので挑戦してみることにしたのです。

レシピを見ると、とっても難しく繊細な作業がありました。

そういうものは彼にお任せして、私は生クリームを泡立てるだとかアシスタントとして活躍しました。

そして完成したシュークリームですが、結果は見事膨らまずでした。

彼も「あれ~?」なんてとっても悔しそうでした。

次、リベンジさせてなんて言っていたので、本当に悔しいんだろうなと思いました。

けどそんな可愛い彼を見れたので私としては大満足でした。

星野珈琲でカフェインレスコーヒーを

カフェの星野珈琲、カフェインレスのコーヒーがあるんですね~!

まず、カフェインが入ってないコーヒーがあることも知らなかったのでそこも驚きです!

コーヒー=カフェインが入っているもの、という考えがあったので。

先日、友達と星野珈琲に行ってきたんですが、メニュー表でカフェインレスコーヒーを見つけて友達と盛り上がりました(笑)

「これカフェイン入ってないってこと!?」

「みたいだね~!!」

もともとスフレパンケーキを食べに来てたんですが、物珍しいコーヒーにわたしも友達も興味津々。

すごく気になったので、カフェインレスコーヒー(ホット)も注文しました。

カフェインレスコーヒー、美味しかったです♪

コーヒー自体も久しぶりに飲んだし、個人的に飲みやすい味だったし、今日このカフェに来てよかったな、と思えました。

スフレパンケーキも厚みがあるケーキで形もころんとして可愛くていいですね♪

今日はコーヒーとケーキを食べたけど、メニュー表見てると美味しそうな料理がいろいろのってて他のも美味しそう♪

星野珈琲はケーキとかスイーツのお店っていうイメージがあったんですが、パスタとかドリアとかランチ系のものもあるんですね。

次来るときは違うのも頼んでみようかな、と次もすでに楽しみです。