生放送でドキリする場面が。見ている方が緊張します。

テレビは終わったコンテンツと言われる中で、テレビ界を盛り上げてくれているのがお笑い芸人です。朝から深夜まで、お笑い芸人を見ない日はありません。いわゆるひな壇で上手いボケをかましたり、クイズ番組の珍解答で笑いを誘います。今日は、ある情報番組の閲覧に行ってきました。生放送なので、失言をしたら取り返しがつきません。自分が好きなお笑い芸人が、何か失言をするのではとヒヤヒヤしながら見ていました。そして、悪い予感は当たるもので、ヒヤリとする場面がありました。しかし、すぐにある芸人がツッコミを入れることで、ピリピリとした空気は収まりました。どんなことを言われても返せるように準備している。さすが、芸能人ですね。

クリームチーズに合うものって何でしょうか?

通販サイトでクリームチーズを1キロ購入しました。

とても安かったので思わず購入をしてしまったのですが、どういう使い方をしようか悩んでいます。

チーズケーキを焼くために使うことも考えました。

たまたま多くの人が集まる場所があるので、チーズスフレ、ベイクド、レアの3種類のチーズケーキを作る予定です。

しかしそれでもまだ余ってしまいます。

クリームチーズに合うものって何かあるのだろうか?と色々考えてしまいます。

クリームチーズと黒ゴマ、クルミも合うようなので、それでパンを焼こうとも考えています。

バターロールの生地に黒ゴマを混ぜ、フィリングとしてクルミとクリームチーズを巻くというパンです。

黒ゴマも中々面白い発想だと思います。

昔パソコンに興味を持ちそれがきっかけで自作パソコンを作る

私の生活に欠かせないのがパソコンです。幼少の頃からパソコンに憧れていて、絶対にパソコンを買うと決めていました。それから20年後の29の時にやってきました。念願だったパソコンをお給料で購入。その当時の価格は10万ほどで、スペックは今だと低スペックマシーンに匹敵するもので、普通にネットや事務的なことに対応出来るようなパソコンでした。

しかしそこは諦めませんでした。どうしてもゲームがしたいので、知識が乏しい私は店員さんに頼んでみました、すると、たまたま私の買ったパソコンにあうビデオカードがあったが、価格が18000円で高く、買うか悩みました。もちろん購入決定で即取り付けてもらいました。自宅へ戻ってパソコンを設置し、電源を付けて起動したときは感動しました。この時はまだパソコンの基本しか学んでない状態なので、ゲームをするにしろ何をしていいのかさっぱりわからず。

とりあえず近所の本屋へ行ってパソコン関連の雑誌を買ってきて、本を参考にしながらパソコンの事を勉強していきます。買って1年目はパソコンの基礎知識を学びながら、ゲームも少しずつ設定などを学んでいきます。ゲームをしているとふと気づきます。「もっと上のパソコンでゲームがしたい」と。ここから自作パソコンへの道へと進んでいきます。

メーカーパソコンを買って2年目の決意で自作をすることになり、この頃になるとネット環境が整ってきたので、ネットでの検索が出来るようになり、自作の知識を付けるという事でまずパーツ類を勉強します。とりあえずパーツがわかれば後は実行のみで、この時初めてネット通販を使います。

CPU、マザーボード、ビデオカード、メモリー、HDD、PCケース、電源などをドキドキしながらも迷うことなくスムーズにネットで買うことが出来ました。いざ組み立てると約30分程度で仕上がりました。初号機にしては上出来で、最初のメーカーパソコン以上の性能を手にしました。これがきっかけとなり、現在まで自作パソコンを計6台ほど作成しました。また近いうちにハイスペックパソコンを作る計画をしていて、今パーツ選定をしています。

ポポイのポイをマスターした1歳児

自分で自由に歩き回れるようになり、私の真似事をちょいちょいしてきている娘。

最近は、「ゴミぽい」を覚えて、オムツを交換した後、ビニールに入れて置いてあるのを見て、指を指すので、きたんきたんオパンツ?後でゴミぽいするんだよ。と言うと、自ら捨てに行ってくれます。

ゴミぽいが出来た時に、私が拍手していたのも習慣になって、自分でぽいして、笑顔で拍手しながら戻ってきます。

それが楽しかったのか、嬉しかったのか、すごい小さいゴミも発見して、私に見せてくるので、あらら。ゴミね。ぽいだね。と言うとやっぱり捨てに行きます。

先日、歯医者さんな行った時に、歯医者さんのゆかに小さい葉っぱの端っこの様なものを発見した娘。

当たり前のように摘んで、見せてきたので、ゴミぽいだね。と言うと、歯医者さんのフロアにあった小さいゴミ箱に捨てに行きました。

あれがゴミ箱だと良く分かったな…と感心しましたが、ふと、旦那の実家や知り合いの家でやられたらちょっとバツが悪いかな?と思いました。

でも、ゴミを拾って捨てるのは良い事ですし、1歳児のやってる事だから、そこまで気にしないですかね?

阪神淡路大震災から22年。あの頃はまだ小学生だった。

阪神淡路大震災をニュースで見て思い出した。

僕自身、22年前の震災を経験して「一生忘れることはない」とあの頃は思ってたけど

何かのきっかけがないと思い出せなくなってしまっていた自分に気づいた。

震災の当日の朝、早朝で真っ暗だったにも関わらず急に目が覚めて

次の瞬間にドーンっと大きな揺れが始まった。

父親が小学生だった僕の上にすぐさま覆いかぶさって

棚やタンスの上から落ちてくる物から守ってくれた。

何がなんだか分からなくて、揺れがおさまったあと

テレビを見ながら各地の被害をただ呆然と見ていたことを覚えてる。

何か大きな事件や事故や天災があると「忘れない」と思っていても

いつのまにか日常の忙しさで忘れていってしまうんだなぁと思った。

よくうちに遊びに来るだいすきなおばあちゃん

私には80歳のおばあちゃんがいます。

おばあちゃんは、おじさん夫婦と孫2人と暮らしていますが、

家が隣のこともあり、よく遊びに来ます。

私は小さい頃からおばあちゃん子で、いまでもとってもだいすきです。

おばあちゃんは手先が器用で、裁縫や編み物が上手です。

そのため、小さい頃は幼稚園で使うバッグや巾着袋を作ってもらったりしてました。

一緒に編み物をして、マフラーや帽子を作っていたころもありました。

しかし、もともと身体が健康ではなく、私が小さい頃から病院に通院していました。

入院することもあり、そのたびにお見舞いに行ったりもしていましたが、

近年はほとんど入院はしなくなっていました。

でも、腎臓の働きがよくなくて、数年前から透析をしています。

私が小さい頃はどちらかというとふくよかな方だったんですけど、

透析をするようになってからは一気に痩せました。

週に3回、透析をするために通院していますが、

高齢であることから透析から帰ってくると、いつもぐったりしているようです。

最近ではちょっとだけ認知症も始まってきていて、物忘れが激しいです。

ついさっきまで話していたことも忘れてしまうこともあります。

自分では「あと思い残すこともないし、いつあっち(天国)にいってもいい」というのですが、

おばあちゃんがだいすきな私としては、その言葉を聞くたびに悲しくなります。

どうにかおばあちゃんを前向きにさせようと、私が休みの日には

手先を使ってやれるような簡単な遊びをしたり、外出したりするようにしています。

いつも家と病院との往復だけなので、気分転換になればと思ったからです。

この前は紅葉を見にいきました。

「紅葉なんていつぶりだろう」と話しているのを聞き、少しは楽しんでくれているかな?気分転換になっているかなとうれしくなりました。

体調がいい日には透析があった日でもうちに来ますが、これからもいろいろなところに連れていきたいと思いました。

そして、できるだけ長生きしてほしいです。

私の目標は、私の子供を会わせることなので、まだまだ頑張ってもらわなきゃ困ります。

私もその目標が達成できるよう、まずは彼氏を探すところから頑張りたいと思います。(笑)

すみっコぐらし~パズルをするんです~クリスマスイベント8ステが意外に難しい

クリアしたステージですが8ステに再チャレンジする日々が続いています。

8ステはステージ上の雲を全部消さなければならないというものです。

玉がある側にある雲はすぐに消せるんですが、石垣の奥にある雲がなかなか消せないんですよね。

石垣は最高3回の衝撃を与えないと崩れてくれないので、玉がある方の雲を消してる時に同時に石垣が壊してしまえたら効率的ですね。

それがうまくいかないと戦いが長引いてターン切れになってしまいます。

うまくクリアできてもスコアが低いので、いまだに☆1のままです。

8ステで高得点を挙げるためにはやっぱりアイテム使用するしかないのでしょうか。

できればコインはガチャのために取っておきたいところなんですけどね。

無印良品が大好きで毎週お店に通っています

私は無印良品が大好きで、毎日のようにホームページを見ています。しかも自転車でいける範囲内に3店舗あるので食料品の買い物のついでについつい行ってしまいます。我が家の家具はソファ、テレビボード、こたつ、シェルフ、子供の学習机などほとんどが無印良品のものです。大物家具でダイニングテーブルだけが無印良品のものではないので、無印良品にはダイニングテーブルを見に行っています。
収納用品や掃除用品、キッチン用品、文房具まで無印良品で揃えています。家の中がシンプルになって、毎日の生活が楽しいです。子供たちも私に影響されたようで、ものを選ぶときには派手なものよりシンプルなものを選ぶようになってきました。私の服も子供服も無印良品のものです。シンプルな子供服が好きなので無印良品はぴったりです。子供とお揃いにすることができるのでコーディネートを楽しんでいます。

今さらながらに思い出す、いくつかのこと

去年大きな病気を患いました。場合によっては命に左右するというような状況を迎えるなかで、大きな支えになったことは、両親の存在でした。もちろん、多忙ななかにも時おりは両親を訪ねる生活を送っていたのですが、この病気を通して、両親との距離がとても近づきました。

親とは、何があっても子供のことを守りたくなるのではないでしょうか。まだ、我が子のいない私には、確信をもってのべることはできませんが、おそらくそうではないかと、確信に似た思いでいます。

20代はともかくとして、30代になってからは、なんとなく仕事と私生活の忙しさから少しずつ疎遠になり勝ちでしたが、不思議なことにこの病気を境に両親との絆が深まりました。思えば、いまに至るまで、数々の大小の怪我や病気を経験してきました。その度に、支え続けてくれたのは、やはり、両親であったことを、今さらながらに、思い出すのでした。