ポポイのポイをマスターした1歳児

自分で自由に歩き回れるようになり、私の真似事をちょいちょいしてきている娘。

最近は、「ゴミぽい」を覚えて、オムツを交換した後、ビニールに入れて置いてあるのを見て、指を指すので、きたんきたんオパンツ?後でゴミぽいするんだよ。と言うと、自ら捨てに行ってくれます。

ゴミぽいが出来た時に、私が拍手していたのも習慣になって、自分でぽいして、笑顔で拍手しながら戻ってきます。

それが楽しかったのか、嬉しかったのか、すごい小さいゴミも発見して、私に見せてくるので、あらら。ゴミね。ぽいだね。と言うとやっぱり捨てに行きます。

先日、歯医者さんな行った時に、歯医者さんのゆかに小さい葉っぱの端っこの様なものを発見した娘。

当たり前のように摘んで、見せてきたので、ゴミぽいだね。と言うと、歯医者さんのフロアにあった小さいゴミ箱に捨てに行きました。

あれがゴミ箱だと良く分かったな…と感心しましたが、ふと、旦那の実家や知り合いの家でやられたらちょっとバツが悪いかな?と思いました。

でも、ゴミを拾って捨てるのは良い事ですし、1歳児のやってる事だから、そこまで気にしないですかね?

阪神淡路大震災から22年。あの頃はまだ小学生だった。

阪神淡路大震災をニュースで見て思い出した。

僕自身、22年前の震災を経験して「一生忘れることはない」とあの頃は思ってたけど

何かのきっかけがないと思い出せなくなってしまっていた自分に気づいた。

震災の当日の朝、早朝で真っ暗だったにも関わらず急に目が覚めて

次の瞬間にドーンっと大きな揺れが始まった。

父親が小学生だった僕の上にすぐさま覆いかぶさって

棚やタンスの上から落ちてくる物から守ってくれた。

何がなんだか分からなくて、揺れがおさまったあと

テレビを見ながら各地の被害をただ呆然と見ていたことを覚えてる。

何か大きな事件や事故や天災があると「忘れない」と思っていても

いつのまにか日常の忙しさで忘れていってしまうんだなぁと思った。

よくうちに遊びに来るだいすきなおばあちゃん

私には80歳のおばあちゃんがいます。

おばあちゃんは、おじさん夫婦と孫2人と暮らしていますが、

家が隣のこともあり、よく遊びに来ます。

私は小さい頃からおばあちゃん子で、いまでもとってもだいすきです。

おばあちゃんは手先が器用で、裁縫や編み物が上手です。

そのため、小さい頃は幼稚園で使うバッグや巾着袋を作ってもらったりしてました。

一緒に編み物をして、マフラーや帽子を作っていたころもありました。

しかし、もともと身体が健康ではなく、私が小さい頃から病院に通院していました。

入院することもあり、そのたびにお見舞いに行ったりもしていましたが、

近年はほとんど入院はしなくなっていました。

でも、腎臓の働きがよくなくて、数年前から透析をしています。

私が小さい頃はどちらかというとふくよかな方だったんですけど、

透析をするようになってからは一気に痩せました。

週に3回、透析をするために通院していますが、

高齢であることから透析から帰ってくると、いつもぐったりしているようです。

最近ではちょっとだけ認知症も始まってきていて、物忘れが激しいです。

ついさっきまで話していたことも忘れてしまうこともあります。

自分では「あと思い残すこともないし、いつあっち(天国)にいってもいい」というのですが、

おばあちゃんがだいすきな私としては、その言葉を聞くたびに悲しくなります。

どうにかおばあちゃんを前向きにさせようと、私が休みの日には

手先を使ってやれるような簡単な遊びをしたり、外出したりするようにしています。

いつも家と病院との往復だけなので、気分転換になればと思ったからです。

この前は紅葉を見にいきました。

「紅葉なんていつぶりだろう」と話しているのを聞き、少しは楽しんでくれているかな?気分転換になっているかなとうれしくなりました。

体調がいい日には透析があった日でもうちに来ますが、これからもいろいろなところに連れていきたいと思いました。

そして、できるだけ長生きしてほしいです。

私の目標は、私の子供を会わせることなので、まだまだ頑張ってもらわなきゃ困ります。

私もその目標が達成できるよう、まずは彼氏を探すところから頑張りたいと思います。(笑)

すみっコぐらし~パズルをするんです~クリスマスイベント8ステが意外に難しい

クリアしたステージですが8ステに再チャレンジする日々が続いています。

8ステはステージ上の雲を全部消さなければならないというものです。

玉がある側にある雲はすぐに消せるんですが、石垣の奥にある雲がなかなか消せないんですよね。

石垣は最高3回の衝撃を与えないと崩れてくれないので、玉がある方の雲を消してる時に同時に石垣が壊してしまえたら効率的ですね。

それがうまくいかないと戦いが長引いてターン切れになってしまいます。

うまくクリアできてもスコアが低いので、いまだに☆1のままです。

8ステで高得点を挙げるためにはやっぱりアイテム使用するしかないのでしょうか。

できればコインはガチャのために取っておきたいところなんですけどね。

無印良品が大好きで毎週お店に通っています

私は無印良品が大好きで、毎日のようにホームページを見ています。しかも自転車でいける範囲内に3店舗あるので食料品の買い物のついでについつい行ってしまいます。我が家の家具はソファ、テレビボード、こたつ、シェルフ、子供の学習机などほとんどが無印良品のものです。大物家具でダイニングテーブルだけが無印良品のものではないので、無印良品にはダイニングテーブルを見に行っています。
収納用品や掃除用品、キッチン用品、文房具まで無印良品で揃えています。家の中がシンプルになって、毎日の生活が楽しいです。子供たちも私に影響されたようで、ものを選ぶときには派手なものよりシンプルなものを選ぶようになってきました。私の服も子供服も無印良品のものです。シンプルな子供服が好きなので無印良品はぴったりです。子供とお揃いにすることができるのでコーディネートを楽しんでいます。

今さらながらに思い出す、いくつかのこと

去年大きな病気を患いました。場合によっては命に左右するというような状況を迎えるなかで、大きな支えになったことは、両親の存在でした。もちろん、多忙ななかにも時おりは両親を訪ねる生活を送っていたのですが、この病気を通して、両親との距離がとても近づきました。

親とは、何があっても子供のことを守りたくなるのではないでしょうか。まだ、我が子のいない私には、確信をもってのべることはできませんが、おそらくそうではないかと、確信に似た思いでいます。

20代はともかくとして、30代になってからは、なんとなく仕事と私生活の忙しさから少しずつ疎遠になり勝ちでしたが、不思議なことにこの病気を境に両親との絆が深まりました。思えば、いまに至るまで、数々の大小の怪我や病気を経験してきました。その度に、支え続けてくれたのは、やはり、両親であったことを、今さらながらに、思い出すのでした。

安くて使いやすいおすすめの化粧品

美容といえばエステ、ブランドの美容液などといったように高いものを使うイメージが私にはあります。しかし、そんな高いお金を出さなくてもお安い方法で美容に役に立つ化粧品があります。それは、ハトムギ化粧水です。1本の値段が安いというだけでなく、大きいボトルなので長く使うことができます。安くてもお肌にしっとりと浸透してくれるので困ることはありません。そのため、学生にもお金に困っている人にもおすすめです。え、化粧水以外にも美容液が最近では販売されているので合わせて使うのもいいと思います。

この化粧水と一緒に使うおすすめの化粧品はニベアの青のクリーム缶です。これは身体に塗るというイメージの方が強いと思われますが、顔に塗っても問題ありません。実際に塗ってみるとべたっとしますが時間が経てばもちもちします。塗ってから余裕があれば蒸しタオルで顔を覆って蒸らすとさらに肌がもちもちするのでぜひお試ししてほしいです。これから冬になると乾燥しがちなので肌にうるおいをもたせたい方、安くてももちもち肌を手に入れたい方は実践してみてください。

砂糖をやめたいと思って模索中な日々

私は砂糖をとらないようにしたいと思います。

健康にも悪いし、さらに疲れやすい体の原因にもなるらしいです。

どうしたら砂糖をとらずに済むのかなぁと考えました。

全く取らなければいいですよね。

ところが一日抜くと禁断症状がでて次の日には物凄く砂糖を欲しているんです。

ダメだダメだと頭の中で巡っているのですが、やはり抜いてもまた砂糖をとってしまいます。

このままではダメだ!と思った私はネットで調べまくりました。

そして見つけたのがお白湯にエクストラバージンココナッツオイルとはちみつをいれて飲むというものです。

甘いものを欲しくなったら飲みます。

するとどうでしょう。

砂糖を欲するのがマシになりました!

ただ、まだマシになっただけです。

私はこれからも砂糖をとらないための情報を集め、自分の方法で改善していきたいと思っています!

もつ鍋で身体ほっこり、季節の変わり目です

仕事終わりに友人たちともつ鍋を食べに行きました。今回は私がリクエストさせてもらったもつ鍋。なんだか雨が続いて急に寒くなってきて、温かいものが食べたくなりました。

そしてもつ鍋と言えば、醤油よりみそ派。初めて行ったお店でしたが、プリプリの大きいもつがとってもおいしかったです。そして〆のちゃんぽん麺がまた最高でした。今週は禁酒週間なので我慢しましたが、ビールが飲みたくなっちゃいました…

しかしやはり6月に福岡で食べたもつ鍋が忘れません。本場の味はまた特別ですよね。また福岡行きたいな?。グルメ県なので、なにを食べてもおいしくて、お気に入りの街です。

久しぶりに友人に会って、冬の温泉旅行もきまったし、楽しみが増えました。